【脱毛器のおすすめランキング】人気の家庭用モデルは?

脱毛器のおすすめランキング 人気の家庭用モデル

【脱毛器のおすすめランキング】人気の家庭用モデルは?

脱毛器の選び方の3つのポイント

脱毛器の選び方3つのポイント VIO全体や顔など脱毛したい部位に使える 痛い?肌にやさしく照射レベルを調節できる 照射回数が多くカートリッジ交換できる

脱毛器(家庭用)のメリットは、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通う手間がなく、気になるムダ毛を自分のタイミングでケアができることです。

脱毛のケア方式も「フラッシュ式」や「レーザー式」などさまざまで、女性用だけでなく「男性のヒゲ」や子供にも使用できるものまであります。

ここでは、脱毛器(家庭用)の「選び方」と人気の「おすすめ商品」をランキング形式で紹介しています。

こんな悩みありませんか?
  • サロンでVIOの脱毛をするのは少し抵抗がある
  • 自分のタイミングでムダ毛ケアをしたい
  • 家族とシェアしながらコストをおさえたい

こんな悩みを解決できるステキな脱毛器(家庭用)はどれでしょうか?

VIO全体や顔など全身をケアできるモノや、ムダ毛だけでなくスキンケアもできるモノなど、脱毛器でムダ毛のお手入れを考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

おことわり

脱毛器とは、医療機器として認められたモノに限りますが、ここでは光脱毛器やレーザー脱毛器など一般的な俗称と抑毛や減毛も含めて「脱毛器」と記載しております。

脱毛器の選び方1/VIO全体や顔など脱毛したい部位につかえる

ムダ毛の悩みを解消する脱毛器(家庭用)を選ぶなら、VIO全体や顔など全身のどの部位にも使える脱毛器がオススメです。

全身のなかでも「腕・脚・ワキ」などの大きな部位には、ほとんどの脱毛器(家庭用)が対応していますが、「顔やVIO全体」には対応していない脱毛器があるので、脱毛したい部位に対応しているかどうかをチェックしましょう。

とくに、VIO全体では、Vライン(ビキニライン)には対応しているが、Iライン(陰部の両わき)とOライン(肛門まわり)のアンダーヘアには使用できない脱毛器があるので細かく確認することをオススメします。

また、家族で効率的に使いたい場合は、「男性のヒゲ」や剛毛に対応しているかどうかも脱毛器(家庭用)を選ぶときのポイントになります。

脱毛器の選び方2/痛い?お肌にやさしく照射レベルを調節できる

ムダ毛ケアにともなう痛みは、「肌の状態やムダ毛の濃さ」や「顔やデリケートゾーン」など照射する部位によっても痛みの感じかたがちがいます。

痛みの感じかたも、人それぞれですので、自分にあったムダ毛ケアができるように、照射レベルを細かく設定できる脱毛器(家庭用)を選びましょう。

また、顔やワキ、VIOラインなど部位の特性にあわせた自動照射モードや専用のモードが選べるモデルもおすすめです。

ムダ毛ケアを始めたばかりの初心者の方や脱毛器(家庭用)の使い方に慣れていない方は、最初は弱い照射レベルから、慣れてきたら照射レベルを強くするなどして調整が出来れば、痛みや「お肌への負担」も軽減できます。

特に、毎月訪れる女性特有の敏感な期間は、肌への負担をを感じやすくなるので、照射レベルを調整できることは、ムダ毛ケアするうえで大きなポイントになります。

照射パワーをレベル1〜10まで、細かく10段階で調整できる脱毛器だとベストですね。

脱毛器の選び方3/照射回数が多くカートリッジ交換できる

ムダ毛ケアでは、コスパの良さも気になりますね。

コスパの良い脱毛器(家庭用)は、「照射可能回数」が多く、カートリッジ交換ができるモデルが「ランニングコスト」を低くおさえられオススメです。

コスパの良さは、脱毛器の本体価格の高い・安いだけでは判断できません。

ランニングコストは、1回あたりの「照射単価」で判断できます。

たとえば、本体価格が6万円の場合

脱毛器A脱毛器B
照射可能回数300,000回100,000回
照射単価0.2円0.6円
(照射単価=本体価格÷照射可能回数)

照射可能回数の多さで「照射単価」に3倍の差が出ることもあります。

あと一つ、カートリッジ交換ができるかどうかで判断します。

光脱毛器(フラッシュ式)やレーザー脱毛器は、照射可能回数や放充電サイクル数に限度がある消耗品ともいえます。

カートリッジ交換ができない脱毛器だと、使用限度になると数万円もする脱毛器本体を廃棄して新たに買い替えないといけません。いわゆる使い捨てタイプです。

しかし、カートリッジ交換式の脱毛器では、照射可能回数が限度になっても、数千円のカートリッジを交換するだけで継続して使えるのでとても経済的です。

また、家族一人一人のマイカートリッジがあると、脱毛器1台で家族全員が衛生的につかえるのもうれしいメリットですね。

脱毛器の選び方の3つのポイント
  1. VIO全体や顔など脱毛したい部位につかえるもの
  2. 痛い?お肌にやさしく照射レベルを調節できるもの
  3. 照射回数が多くカートリッジ交換できるもの

脱毛器のおすすめランキング5選

ケノン
ケノンの圧倒的評価

ケノンがおすすめの3つのポイント
1.顔やワキ、VIOラインなど全身ケア対応
2.選べる照射レベル10段階とオート照射
3.照射可能回数300万発コスパ最高で長寿命

ケノンの5つの特徴
・人気の証し驚異のレビュー数が15万件
・痛くない理由!お肌にやさしい日本製
・カートリッジ交換式だから経済的
・照射が広くて速い全身スピード処理
・ムダ毛に悩む男性のヒゲにも対応

スムーズスキン

スムーズスキンがおすすめの3つのポイント
1.手脚、Vライン、ワキなど全身ケア
2.肌の色に応じた10段階自動調整
3.照射可能回数100万回の長寿命

スムーズスキンの5つの特徴
・選べる3つの照射モード搭載
・プレシジョンヘッド搭載で狭いエリアにも対応
・お肌に合わせて最適な光を自動照射
・最速0.46秒間隔の高速照射
・お肌の色を瞬時に感知するスキンセンサー

 脱毛ラボ
脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

脱毛ラボがおすすめの3つのポイント
1.顔やVIOラインまで全身つかえる
2.選べる照射レベル5段階のパワー
3.照射可能回数どのレベルでも30万発

脱毛ラボの5つの特徴
・脱毛サロンのプロが開発した脱毛器
・冷却ジェル不要!冷却クーリング機能搭載
・高性能タッチセンサー搭載
・連射モードで全身15分で完了
・男性のヒゲや剛毛も自宅でラクラク

オーパスビューティ
Opus Beauty powerpro オーパスビューティー 03 パワープロ

オーパスビューティーがおすすめの3つのポイント
1.顔やワキ、VIOラインなど全身ケア
2.照射レベル5段階×3モードで全15段階
3.照射可能回数35万発のサロン品質

オーパスビューティーの5つの特徴
・業務用脱毛器メーカーと脱毛サロンが共同開発
・保冷剤不要!照射面2.4℃アイスクール搭載
・お肌に合わせて3つの照射モード搭載
・セーフティーロックで安心・安全
・THRケア方式でサロン品質のムダ毛ケア

トリア
部分脱毛LPバナー

トリアがおすすめの3つのポイント
1.顔やワキ、Vラインなど全身ケア
2.選べる照射レベル5段階で調整
3.充電可能回数500回の長寿命

トリアビューティーの5つの特徴
・唯一の家庭用レーザー脱毛器
・男女兼用で青ヒゲにも対応
・脱毛クリニックのプロが開発
・どんな理由でも30日間返金保証
・2年間製品保証で修理・交換OK

脱毛器ベスト3を比較

脱毛器ケノン 脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入
対応部位顔・VIO・全身顔・VIO・全身顔・VIO・全身
照射レベル10段階
オート30通り
10段階
3モード
5段階
カートリッジ美顔もできる
全5種類
細部位用
ヘッド
なし
安全センサータッチセンサースキントーン
センサー
タッチセンサー
照射可能回数300万発100万発30万発
照射単価0.023円0.046円0.24円
本体価格69,800円46,200円71,478円
保証期間2年間保証2年間保証1年間保証
製造国日本製英国製日本製
公式サイトケノンスムーズスキン 脱毛ラボ
※ VIOのIとOの「粘膜の箇所」の脱毛は医療行為になるため、使用する場合は自己責 任となります。

脱毛器のおすすめ/効果

脱毛 脚の部位

脱毛器の効果について

ケア方式による効果のちがい

脱毛器(家庭用)には、主に「フラッシュ式」と「レーザー式」の2つのタイプがあります。

2つのケア方式
  • フラッシュ式
    照射面積が広くムラなく全身ケアができる
  • レーザー式
    毛根にピンポイントで照射できて毛の変化が出やすい

どちらのケア方式も、毛のメラニン色素に照射して毛根にダメージを与えることで、毛が細くなったり、発毛のサイクルが遅くなったりする効果が期待できます。

自分の都合でムダ毛ケアができる

脱毛器(家庭用)のメリットは、自分の都合で場所や時間にしばられる事なくムダ毛ケアができることです。

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、施術の予約やタイミングなど自分のスケジュールを合わせるのは大変です。

また、施術のために定期的に通う時間があれば、もっと有意義なことができますね。

お肌にやさしく、お肌の負担を軽減

フラッシュ式とレーザー式は、照射レベルをお肌の状態やムダ毛の濃さにあわせて細かく調整できるので、お肌への負担を最小限におさえることができます。

他のケア方式では、熱線で毛を焼き切る「熱線式」や肌にローラーをあてて毛を絡めとる「ローラー式」がありますが、肌への負担や毛穴部分にも大きなダメージを与えてしまいます。

おことわり

家庭用脱毛器で「永久脱毛」はできません。永久脱毛は、医療機関で医療用脱毛器によってのみ可能となっております。

脱毛器のおすすめ/使い方

脱毛 ワキ

脱毛器の使い方について

自分のタイミングで、お手軽にムダ毛ケアできる脱毛器(家庭用)ですが正しい使い方をしないとお肌を傷つけたり、ヤケドを起こしたりする事があるので十分な注意が必要です。

【光照射の流れ】
  • 前日~2日前
    前準備:処理したい部位のムダ毛をそる 

    ムダ毛は電気シェーバーでそるようにします。カミソリの使用は肌を傷つけるリスクがあるので控えてください。また毛抜きやワックス処理もNGです。

    光照射が効果的に反応する毛の長さは1〜2ミリといわれています。ムダ毛が長いと毛が焦げて肌のトラブルやヤケドの原因になりかねません。

  • シェービング処理〜前日
    保湿ケア

    シェービング後の肌荒れを防ぐためにも、保湿ケアをしっかり行いましょう。

  • 光照射の当日
    光照射する前にお風呂は済ませる

    光照射後は、お肌が敏感になっているため赤みや痛みが出るリスクがあるので、入浴は照射前に済ませましょう。

  • 表皮の汚れを洗い流し、清潔で乾いた状態にする
  • 照射レベルやモードを調整する

    照射レベルは、お肌の異常(赤み、かゆみ)がないか確かめながら、一番弱い照射レベルから1段ずつ上げながら適切な照射レベルを設定します。 

  • 冷却ジェルや保冷剤で冷却する

    照射する部位を冷却してから照射すると痛みの軽減やヤケドなど、お肌のトラブルを未然に防ぐ意味で効果的です。 冷却時間は、約10秒ほどが適当といわれています。

  • 適切な照射レベルで照射する

  • 照射後
    冷却ジェルや保冷剤で冷却する

    照射後にも照射前と同様に、照射した部位を約10秒ほど冷却します。

  • 光照射後のアフターケア

    照射後の肌は、照射熱により水分がうばわれており、お肌が乾燥している状態です。保湿を心がけて、お肌のメンテナンスもしっかり行いましょう。

脱毛器のおすすめ/安全

脱毛器の安全 女性 医師

脱毛器は痛い?について

脱毛器(家庭用)でムダ毛ケアをするときに気になるのが「痛み」の怖さではないでしょうか。
まず初めに、痛みの原因として考えられるものをみていきましょう。

痛みの原因は?
  • 脱毛器のケア方式による痛み
  • 光照射が強すぎる痛み
  • 肌の色の濃さに関連する痛み
  • 体毛の毛深さに関連する痛み
  • 敏感肌など肌質に関連する痛み
  • 脱毛する部位による痛み

このように痛みの原因は、主に6つありますが、それぞれの痛みの感じ方は個人によってもちがいます。
それでは、この痛みを軽減する方法をみていきましょう。

痛みを軽減する方法

痛み対策をとられている脱毛器のケア方式は?

痛みを軽減できる機能を搭載している脱毛器は「フラッシュ式」です。

他のタイプでは「レーザー式」「ローラー式」「熱線式」がありますが、「フラッシュ式」が一番痛みが弱く、数種の痛み対策もとられています。

光照射が強すぎる痛みを軽減するには?

フラッシュ式の脱毛器には、照射レベルを5段階、10段階と調整できるモノがあります。

照射レベルを調節できる機能は、「部位による痛み」の軽減対策にもなっており、敏感な部位の「VIO」や「顔」などは細かな光照射のレベル設定が痛みの軽減につながります。

使い始めは、自分の肌や毛の状態を確認しながら、一番弱い照射レベルから試してみましょう。
慣れてきたら照射レベルを徐々に上げて、「痛み」を我慢しなくても良いレベルで照射することもできます。

肌の色・毛深さ・肌質に関連する痛みを軽減するには?

フラッシュ式の脱毛器には、肌の色や毛深さにあわせて最適な光を自動照射できるモノがあります。

フラッシュ式やレーザー式の光照射は、黒い毛に反応するという特性があります。

この黒いモノに反応する特性は、ときに、濃い肌や日焼けした肌にも反応して痛みが強く感じることがあります。

最適な光を自動照射できれば、照射トラブルによる痛みを予防できます。

脱毛する部位の冷却や保湿ケアが痛みを予防する

フラッシュ式の脱毛器には、冷却しながら光照射ができる「冷却機能」がついたモノがあり、照射熱による痛みを軽減できます。

冷却ジェルで肌を冷やす
光照射の前後に「冷却ジェル」で肌を冷却しておくと、照射部位の痛みや熱による赤みの予防になります。

保湿ケアが痛みを予防する
光照射の前後に保湿ケアをしっかりすることで、お肌に「うるおい」と柔軟性がでて、脱毛がしやすい状態になるので痛みも軽減されます。

保湿ケア不足だと、肌の乾燥によって敏感になったり毛穴が硬くなったりして痛みが生じやすくなります。

お肌の冷却と保湿ケアは、痛みの予防にとても効果的です。

脱毛器のおすすめ/コスパ

脱毛器のコスパ 安い

脱毛器のおすすめ安いについて

脱毛器のコスパの良さは、単純に本体価格の安さだけでは判断できません。

  • 照射可能回数はどのくらい? 
  • ランニングコストはどうなの?
  • 保証期間はあるの?

このように3つのポイントからコスパの良さを判断します。

それでは、5つの商品を比較してみましょう。

商品名ケノン Opus Beauty powerpro オーパスビューティー 03 パワープロ部分脱毛LPバナー脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入
本体価格69,800円46,200円39,800円48,000円71,478円
照射可能回数300万発100万発35万発30万発30万発
照射単価0.023円0.046円0.11円0.16円0.24円
保証期間2年間保証2年間保証1年間保証2年間保証1年間保証
カートリッジ
交換式
5タイプ
を用意
ヘッド
アダプター
公式サイトケノンスムーズスキン Opus Beautyトリア脱毛ラボ

比較結果を検証してみると!

第1位は【ケノン】という結果になりました。

照射可能回数が300万発と多く、カートリッジを交換すると継続してつかえます。

ランニングコストも1つのカートリッジで300万発可能で照射単価は、おどろきの0.023円と超ローコストです。

さらに、保証期間も2年間の保証付きなのでコスパ最高!

自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

ケノンの圧倒的評価

公式サイトケノン

【ホームページ】